「スポーツの壁を、突き破れ」 アンダーアーマーは、アスリートとともに壁に立ち向かう
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「スポーツの壁を、突き破れ」 アンダーアーマーは、アスリートとともに壁に立ち向かう

アンダーアーマー

コロナ禍となって以来、多くのアスリートがスポーツをする機会を失いました。プレーする場所を奪われ、目指していた大会がなくなった若者もたくさんいます。しかし、スポーツをできない理由はコロナだけでしょうか。そんなことはありません。スポーツをやりたくてもできない若者はこの日本に確かに存在していて、彼らの前には様々な「スポーツの壁」が立ちはだかっています。

アンダーアーマーはアスリートとともに、この「スポーツの壁」を突き破ることを目指しています。誰もが、記録や自分の可能性といった「本物の壁」に挑戦できるように。

アンダーアーマー公式noteでは、スポーツの壁に立ち向かう5人の次世代アスリートを紹介していきます。以下の文章は、この問題に対する私たちの宣言です。

スポーツをやりたくてもできない若者たちのために、
彼らが直面する「スポーツの壁」を突き破ることに取り組んでいます。
スポーツには人生を豊かにする力があります。
スポーツは健やかな身体づくりに役立つだけではありません。
スポーツは自己肯定感を高め、ストレスを軽減し、メンタルヘルスを改善します。そして、仲間との絆、社会とのつながりをもたらしてくれます。

しかし今、世界を見渡すと何百万人もの若者が
スポーツをやりたくてもできないという現実に直面しています。
日本も例外ではありません。

経済的に、スポーツをやる余裕がない
やりたい競技があるが、女子チームがない
練習が厳しすぎて、続けられない
ボール遊びができる公園がない

貧困、ジェンダー格差、身体的偏見、人種差別、プレー環境不足、勝利至上主義、あらゆる「スポーツの壁」が若者たちの前に立ちはだかり、
彼らからスポーツをする機会を奪っているのです。

私たちは、これらの「スポーツの壁」をアスリートとともに突き破りたいと考え、いくつかの長期的な取り組みを始めています。

NBAのステフィン・カリー選手と設立したカリーブランドでは、
2025年までに少なくとも世界に20の安全な遊び場をつくり、
若いアスリートを導くために125のプログラムをサポートし、
15,000人以上のコーチを育成する機会を提供すべく活動を続けています。

スポーツを必要とする者にとって、「スポーツの壁」は不要不急の課題ではありません。誰にでもスポーツを楽しむ権利があると、私たちは信じています。



みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
アンダーアーマー
UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)公式アカウント。 ◆MISSION◆UNDER ARMOUR MAKES YOU BETTER https://www.underarmour.co.jp/ja-jp/