ホバーベロシティ2

長谷川理恵さんのサブ3.5達成を支えたランニングシューズ 「UAホバー ベロシティ2」

11月22日に投稿した、長谷川理恵さんの横浜マラソン挑戦、そしてサブ3.5(3時間30分以内の完走)達成にスポットを当てた記事について、多くの方からさまざまな反響をいただきました。

特に長谷川さんがレースで履いたシューズについての問い合わせを多くいただきましたので、急遽ではありますが、あらためてnoteでご紹介させていただこうと思います。

長谷川さんがいくつかの候補の中から選んだシューズは、「ホバーベロシティ2」になります。

長谷川さん
横浜マラソンに向けて練習する中で、最初はソールの薄いレーシングモデルのシューズを試していました。軽くてスピードは出るけど、3年ぶりのフルマラソンということもあり、足が最後まで持つか不安がありました。
そんな時にコーチに勧められたホバーベロシティ2は、軽さとクッション性の高さが見事に両立されていることに驚きました。アッパーのフィット感や走った時の感覚も自分に合っていたので、最終的にレースの2週間ほど前にこのシューズで本番に臨むことを決断しました。

そんな長谷川さんにホバーベロシティ2を勧めたのが今回のプロジェクトでランニングコーチを務めた八木勇樹さんです。

八木勇樹

八木さんは早稲田大学時代に主将として、駅伝3冠(出雲・全日本・箱根)を達成。実業団チームを経て、現在は市民ランナーのサポートを行う一方、ケニア共和国にランニングチームを設立するなど幅広く活動されています。

八木さんに、今回のレースでホバーベロシティ2を勧めた理由を伺いました。

八木さん
横浜マラソンは中盤にアップダウンがあり、路面の悪い高速道路を走るなど終盤までに足を消耗しやすいコースでした。スピードを維持しつつ、いかに足へのダメージを軽減するかを考えた時、最適なシューズがホバーベロシティ2だったのです。
このシューズは、完走を目指すエントリーランナーから、3時間15~30分を目指すスピードランナーまで対応するオールマイティーなものです。とても軽い上に反発性とクッション性のバランスが最高なので、足への負担なくあらゆる場面で活躍します。私もトレーニングで履いていますが、スピードを出せるモデルであるにも関わらず、とても「足にやさしい」という印象です。基本的にアンダーアーマーのシューズはクッショニングに優れ、フラットソールなので、安全で怪我のリスクが少ない設計コンセプトになっていると感じています。
長谷川理恵さんは最後までペースを大きく落とさずに走りきることができましたが、ホバーベロシティ2のクッショニングが果たした役割は非常に大きいです。また、彼女はストライドとピッチでリズムよく走るタイプなので、このシューズのバランスの良い反発とクッションが最適だったのだと思います。

ホバーベロシティ2には優れた機能や特徴がたくさんあるのですが、ここでは象徴的なものを3つほど簡単に紹介させていただきます。

一つ目は、着地時の衝撃を吸収し、前への推進力に変えるホバーテクノロジーです。

ホバークッション2

フルレングスのホバーフォームが足を自然に前へと運ぶ推進力を生み出し、着地時の衝撃を緩和。心地よいクッションが足への負担を軽減します。もう少し噛み砕いて説明すると、反発力や前への推進力があると同時にクッションがとても効いているので、長時間走っても足が痛くなりにくいのです。


二つ目は、速さを実現するための徹底した軽量化です。

軽量化

軽く通気性に優れたメッシュアッパーをはじめ、細部のパーツにまでこだわった設計により、ホバーシリーズ最軽量の255グラムを実現しました。クッションの快適さはそのままに、ランナーを次のレベルの速さへと導きます。


そして、三つ目の特徴が、右足のシューズに内臓されたICチップによってランニングデータを蓄積できるスマートシューズであるということです。

スマートシューズ

走行データを蓄積できる携帯用デバイスは色々と市場に出回っていますがが、ホバーベロシティ2はチップが靴に埋め込まれているので、スマホを携帯しなくても自動で走行データを蓄積してくれます。歩幅や接地の角度など詳細なデータをもとに、的確なアドバイスをしてくれるのもうれしい機能です。

それでは、実際に42.195キロを走り終えた後、長谷川さんはホバーベロシティ2にどんな感想を持ったのでしょう?

お話を聞きました。

長谷川さん
まず、こんなに楽しく42.195キロを走り終えることができたのは初めてです。しっかり練習ができたことはもちろんですが、ホバーベロシティ2のクッションによって、足へのダメージがほとんどなかったんです。足が残っていたので、35キロ以降の苦しい局面でしっかり粘れて、ラストの3キロはペースを1キロ4分台にどんどん上げることができました。
シューズ選びについては今までの経験に基づく先入観もあったのですが、今の自分や状態にあった靴を選ぶことって大切だなって気づきました。経験や実力に関係なく履けるシューズなので、このホバーベロシティ2は本当にオススメです。このシューズなら、あなたもきっとサブ3.5を達成できますよ!

衝撃吸収性を保ちながらスピードを追求することができる、シリーズ最軽量モデルのホバーベロシティ2。このシューズなら、快適にフルマラソンを走っていただけること間違いなしです。ランナーのみなさん、ぜひ一度、アンダーアーマーのシューズを試してみてください!

CHECK ✅ UAホバー ベロシティ2

完走後の長谷川理恵さん


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Thanx! #TeamUA
8
UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)公式アカウント。 ◆MISSION◆UNDER ARMOUR MAKES YOU BETTER https://www.underarmour.co.jp/ja-jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。