あの一言で変わった人生ーー。”怪物の弟"が誰かの背中を押したいと思う理由。
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

あの一言で変わった人生ーー。”怪物の弟"が誰かの背中を押したいと思う理由。

その決定的な瞬間に何が起こっていたのか。その瞬間に至るまでに、一体どんな想いがあったのかーー。スポーツ総合誌「Sports Graphic Number」が、パフォーマンスアパレルブランド UNDER ARMOUR のHead of Brand Marketing・松坂恭平さんにお話を伺いました。

■Introduction

もっと、背中を押せるクリエイティブはないのかーー。

2021年夏。午前7時の新潟市内のジムに、朝日が差し込み始める。松坂恭平はトレーニングの手を止めて、思いにふけっていた。

「自分を変えたい」

誰もがそう思う。そのためにはアクションを起こさなければならない。大量に集めたインサイトデータは、その一歩を踏み出すことが難しいと、はっきりと示していた。15年マーケターとして勤めてきた身に、数字の持つ意味は重い。大半のユーザーは「やらなきゃ」と頭ではわかっている。調査結果に裏付けられた多くの「踏み出せない」人たちの背中を押すにはどうしたらいいのか……。

画像1

自分は人生の節目で、ある人にいつも背中を押してもらっていた。一番身近で、一番遠い存在。いつか同じ舞台で、と願いながら、ついに叶わなかった。その人の率直で真摯な言葉に背中を押されて、自分は大事な決断をしてきた。思い切って、次の一歩を踏み出すことができた。

背中を押すものとして「誰かの声」はあるかもしれない。手早く汗を拭うと、トレーニングルームを出て仕事に向かった。

■「自分にできることは、なんでもやろうと」

松坂恭平さん、39歳。

アスリートのためのブランド「UNDER ARMOUR」などを取り扱う株式会社ドームで働くマーケターだ。現在の肩書きはブランドマーケティング部長で、主に商品プロモーションの企画などを担当している。この冬の基幹企画も手掛けることになっていた。朝のトレーニングをしながら、頭では「いかにアスリートの成長を後押しできる企画にするか」を考え続けていた。

松坂さんはそうした仕事のかたわら、社業を伝える発信もしている。昨年の年初にはYouTubeチャンネルを開設した。大きな反響を呼んだのが、noteに綴った記事「松坂大輔と松坂恭平の兄弟の差はどこで生まれたのか」だった。

松坂恭平さんは、あの「平成の怪物」と呼ばれたスーパースター、埼玉西武ライオンズ・松坂大輔選手の実弟だ。

画像2

「自分からは語らないようにしてきたんですけどね」

松坂さんはそう明かす。

「ブランドマーケティングの仕事を始めるにあたって、少しでも社業にプラスになればと思って書きました。自分にできることは、なんでもやろうと。兄弟ネタは禁断の一手でした」

兄は甲子園で名勝負を重ね、春夏連覇も果たして高校生にして国民的なスターになり、プロ入り初年度から3年連続最多勝。メジャー移籍後の2008年に挙げた年間18勝(3敗)は、現在も日本人歴代最多記録だ。

松坂さんも名門・法大などでプレーし、卒業後はプロを目指して野球に取り組んだ。それゆえに、兄と比較され続けた。

「でも、早々に気にならなくなったんですよね」

東京六大学野球のリーグ戦で登板した際に、相手ベンチから「兄貴があんなにすごいのに」とヤジが飛んできた。ああ、高校生だけでなく、名門大学の学生でもこういうことを言うのか。その瞬間、ふっと気が楽になったのだという。

画像3

ずっと気にしてきたことは、別なところにあった。良かれと思って受けたインタビューで、兄について好意的に語っただけなのに、その記事がきっかけで兄が批判される。そんなことが何度もあった。何か発言をすると、兄に迷惑がかかるのではないか……。

「兄はいつも『俺のことなら気にするな』と言ってくれるんですよね。でも、兄の家族や親戚にまで批判が飛び火をすることがあって、そういうときは、さすがに辛そうにしていた。ああ、兄について迂闊にしゃべってはいけないんだな、と」

■アスリートへの深い理解

兄の背中を、ずっと追い続けてきた。同じ競技じゃなければ、ここまで比較されることはない。

もちろん、理解していた。身体能力もセンスも、他の競技でも一流になれるだけのものを持ち合わせてもいた。だがそれでも、野球をやめようと思ったことはなかった。

「いつか兄貴と一緒にやりたい、という気持ちがずっとあったんですよね。簡単じゃないのはわかっていたけど、ずっとそう思っていました」

大学卒業後も、野球を続けるつもりだったが、内定をもらっていた企業の野球部が、入社直前に廃部になった。しかたなく、数カ月間たった一人で練習を続けることになった。そんな時、叱咤激励してくれたのは、兄だった。励ましながら、「今のままではダメだ」とも言ってくれた。兄に背中を押されて、再びの就職活動でたどり着いた先が、UNDER ARMOURの日本総代理店である株式会社ドームだった。

会社のスタンスは、想像以上にアスリートへの理解が深かった。入社間もなく、幹部に「本当は独立リーグに挑戦したい」と心の内を明かすと、「他の競技でも事例があるので、会社を辞める必要はない」と言って休職扱いで送り出してくれた。

「本気で『アスリートを応援したい』と考える会社なんですよね。アパレルやシューズのデザインが他の海外ブランドと比べると、ものすごく無骨だなあ、と感じていたんです。でも、それも『アスリートのため』を突き詰めた結果だとわかり、納得しました」

画像4

2006年、松坂さんは四国アイランドリーグのトライアウトに合格し、愛媛マンダリンパイレーツに入団する。兄と同じNPB入りを目指し、野球を続けることになった。独立リーグでは、年間90試合以上もプレーする機会を得られた。

「法大でもレギュラーではなかったので、そこまで機会をもらえるのは人生ではじめてでした」

練習を重ね、自分の中で眠っていた可能性が花開いていくのを感じた。その年の年末。株式会社ドームの幹部に「もう少し勝負させてください」と申し出て、許可される。2年目はショートでレギュラーに定着した。周囲は「NPBにいけるぞ」と鼓舞した。

だが、松坂さんは上手くなって試合の出場機会が増えるにつれ、あることに気が付いた。

「独立リーグには素晴らしい選手がたくさんいました。NPBに入れる選手もいた。でも、NPBで活躍した選手は、ほとんどいない。リーグで通用するようになって、そういうところが見えてしまったんです」

自分はきっと、NPBでは通用しない。決断しないといけないのは理解していたが、友人や知り合いに相談すると皆、「可能性があるのだから、とりあえず続けた方がいい」と口をそろえた。

一人だけ、まったく違う考えを示したのは、兄だった。

「もう、やめた方がいい」

画像5

■兄の言葉

「20歳ならともかく、今の年齢のお前をとる球団はない」

直球だった。だからこそ「頭で理解していながら動けなかった」恭平さんの背中を押した。周囲が「続けた方がいい」と励ましてくれたのは素直に嬉しかったし、今も胸に残っている。

一方で、兄の言葉には、覚悟や重みを感じた。

「これまでの経験はかならず、社会人になっても生きる」

心は決まった。

画像6

恭平さんは株式会社ドームに復職する。配属されたのは、スポーツマーケティング担当。主な業務は有力アスリートと契約を結び、UNDER ARMOURブランドのギアを使ってもらうように提案し交渉することだった。

「主にプロ野球の担当でした。試合がある日にスタジアムを訪れると、とにかく選手や関係者みんなに一度は話しかけていました。当時の球界に、話をしたことのない選手はほとんどいなかったですね」

恭平さんは、単に気さくな営業マンではなかった。
福岡ソフトバンクホークスの松田宣浩選手はこう証言する。

「選手の気持ちがわかる担当さんが来たな、と思いました」

各メーカーとも、野球の経験のある者を担当にしていたが、プロ経験を持っている担当となると、なかなかいない。

「選手の要望を汲み取った提案をしてくれる。そしてなにより、選手のパフォーマンスが上がる用具を仕上げてくれる。この人は違うなと」

独立リーグでの経験を活かした細やかな気配りで、「アスリートファースト」の姿勢が伝わり、多くの選手がUNDER ARMOURを使うようになった。

画像10

経験は生きる。兄がかけてくれた言葉どおりだった。

「大学を出てすぐの僕だったら、ああはいかなかったと思います。独立リーグでプロの経験をしたからこそ、選手の気持ちに寄り添えたんだと思います」

松坂さんは実績を買われ、商品開発部に異動した。そこでもヒット商品を生み出し、社業に大きく貢献した。マーケティングの勉強は性に合っていた。本を読むのも、データを集めて検証するのも、楽しいと思えた。加えて「アスリートはこういうものを求めている」という知見も生きた。天職があるとすれば、こういう仕事なのだろうか。兄にとって、野球選手がそうだったように。

2020年4月。松坂さんは、ブランドマーケティング部に異動した。個々の商品だけでない。UNDER ARMOURというブランド自体を、どう売っていくか。そんな重要な仕事を任されるチームの一員になった。

画像8

■伴走し、さらなる高みを目指す

松坂さんが手掛ける今年の冬のプロモーション企画は「勝者は冬に創られる」と銘打たれることになった。冬場の地道な努力こそが、自分を大きく成長させてくれる。頭でわかってはいるが、一歩を踏み出せずにいる。そんなアスリートの手助けになりたい。自分も背中を押されて、今がある。

「アスリートの声が、やはりなによりも大切ですね。みなさん、すでに答えを持っている。でも、それをそれなりの立場の人がもう一度言ってあげることが、すごく大事なんじゃないかと」

誰かが背中を押してくれることが、どれほど大事なのか。
トップアスリートである松田選手もこう言う。

「僕らプロ野球選手でも一緒です。『がんばろう』とは誰もが思っている。でも、最後に背中を押してくれるのはいつも、ファンのみなさんの『がんばれ!』という声なんです」

「勝者は冬に創られる」は、ユーザーにUNDER ARMOURが伴走し、さらなる高みを目指す企画だ。

「僕らの声で多くの人々の背中を押すことができるなら、そんなにうれしいことってないですよね」

入社が内定していた会社の野球部が廃部になった。そんな偶然も手伝って入った会社との縁は、もう15年も続いている。

「長く勤務できているのは、やっぱり会社の文化とか、理念とかに共感できたからだと思うんですよね」

会社のトップ、安田秀一CEOの忘れられない一言がある。

「パイの取り合い、というような仕事をしなくていい」

例えば、他社のサプリメントを使っているアスリートと会ったら、安田さんは「ちゃんと使い続けてくださいね。続けてこそ、身体は変わりますから」と声をかけるのだという。自社の製品を薦める前に、まずアスリートとしての成功を願う。そんな理念に共感して、恭平さんはUNDER ARMOURで働き続けている。

画像9

今年からは、新潟に拠点を移してフルリモートで働いている。スポーツを通して、地域を活性化する。そんな事例をつくりたいからだ。

「スポーツを通して、一喜一憂する。人は、そういうものを必要としている。それはコロナ禍で再確認したことです。スポーツには、社会価値を創造する力があります」

■自分なりのスタイルでスポーツ界を盛り立てていく

弟は自分の道を歩みだした。そして、兄にとっての「節目」を見届けることになった。2021年、松坂大輔さんは現役を引退。「同じフィールドでプレーする」という弟の夢は、夢のままで終わった。

「今は、それだけが『一緒にやる』ことの全てではないような気がしています」

野球で、スポーツで、価値を生み出していく。

「兄貴はこれからも野球界にとって、スポーツ界にとって、大きな存在であり続けるんだと思います。僕は僕で、自分なりのスタイルで、スポーツを通して社会に貢献していくつもりです」

画像10

text by Daisuke Shiohata
photographs by Hideki Sugiyama

唯一無二のスポーツ総合誌「Sports Graphic Number」。創刊から1000号を超えたいまもなお、アスリートやスポーツに携わる人たちの物語を、ダイナミックなビジュアルと独自の切り口で描いている。そんなNumber編集チームがおくるBrand Storyは、その瞬間の物語に焦点を当て、個人のみならずチームや企業の熱い想いをお伝えします。
UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)公式アカウント。 ◆MISSION◆UNDER ARMOUR MAKES YOU BETTER https://www.underarmour.co.jp/ja-jp/